04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

十日町「桐屋」さんへ工房見学

2018/05/13
桐屋さんへ
着物で十日町バスツアーです。
皆さん旅慣れた感じですが、朝が早くて心配な方は帯はバスの中で
直して差し上げて・・・
着物の事は心配せずに今年も十日町を知るツアーです!!!

型染めに使う型

下絵の通りに現代の技術でアクリル板の型です。
何枚もの型で、一つの柄になる友禅の世界。
今回は、辻が花でおなじみの翆山工房「桐屋」さんの社長さん自ら
説明をしてくださいました。
「桐屋」さんは昔は麻を織る工房だったそうです。

数回の糊伏せで色彩豊かな着物に

こんな風に、何度も確実に糊を置き仕上げていきます。

型染めの糊置き

50年近くこのお仕事をしている職人さんは、穏やかな方で
お仕事中にも私たちの質問に答えて下さいました。
手を止めて頂くもの悪いくらいに、時間がかかる作業です。

引き染の感覚は長年の感覚

更に、地染の牽きぞめをする場所でお会いしたのは、熟練した技術の
職人さんです。とても丁寧に色のお話をされるのは、お若い時と変わらぬ
熱意があるからこそでしょう。
半世紀以上の年月を、このお仕事に・・・

次の作業まで
伸子張りで天井に、次の作業まで吊るされます。


辻が花の特徴
糊を洗い流した後に行われる、辻が花の特徴でもある手挿しによる
色付けです。
お話しながらも、太い筆から細い筆へ染料を取っては柄に色を挿し
立体感と遠近感を付けていきます。
色を挿すそのもの。   挿す・・・差し込むという意味
生地の裏までに染料が入ることで、着物で着た時に色の変化や
動きが出るそうです。
手間暇をかけて、着姿が美しくなる着物を仕上げていきます。

絞りの加工

染色が終わると、最後に絞りの作業です。
一つまみごとに目にも止まらぬ速さで巻き上げ、糸を結ぶ作業は
感動しました。
一反の絞りを全て手作業で行います。

華やかな辻が花の振袖に

とてもきれいな色合いの振袖が完成するまでにこんなにも工程がある
辻が花。綺麗だけではない美しさは、沢山の方々の感性と思いから
作り上げられることを感じた工房探訪でした。

この後は、「松喜屋」さんでのお食事と、十日町の産地へ特別招待会への参加で
沢山の着物をご覧いただき、出会いもありました。
毎年行われるこの会に、彦太郎は来年もいきますので、ご一緒に!!
最後は、越後湯沢の「ぽんしゅ館」でお土産を沢山買ってかえりました
17:48 作家さん・メーカーさんのご紹介

着物で街歩き「観翆会」

2018/05/03
「観翆会 」 着物で街歩き

雨が心配でしたが、「観翆会」行ってきました。
皆さんも迷ったそうでしたがほとんどの方が単衣で明るめの装いでした。
散策しながら 香道体験です

観音様もお天気にしてくれました

観音様もお天気にしてくださいました?慈眼院の「五色竜王襖絵」も拝観、
高崎にいながらも中々見れない体験しないことが出来ました

IMG_5967.jpg
 レストラン石田で美味しいランチコースを楽しんでから・・・
着物でランチは、皆さん慣れたものです。
こんな風に気楽にお出かけお食事を、少なくとも毎月楽しみたいですね
17:21 イベント情報

今日の佳き日  お留袖に想いを込めて

2018/05/03
晴れの日の着物 祖母から母へ

昨年からご相談のあったお留袖は、ご依頼のお客様のお母様が
子供たちの結婚式に合わせて何度もお召しになってから40年ほど・・・
そして今日、お客様の息子さんの結婚式にお召しいただいています。
少し時間が経って色や箔の変化もありましたが、
娘孫の幸せを願う今は亡きお婆様の想いも伝えたいとのご相談で
お仕立て直しをさせて頂き、帯揚げと帯締めを揃えて頂きました。

受け継ぎ伝える役割を優先して、レンタルよりも・・・と思い切って下さいました。
一番のこだわりは、ご実家の家紋。
第一礼装紋付の役割です。
云わずとも、表される凛とした姿勢と優しさを感じました。

悉皆の中でも結婚式という大切な日の着物のご相談は
大変緊張しますが、佳き日を迎えるご家族の笑顔を考えると
お手伝い出来た私たちも嬉しい一日です。
どうぞ、幾年までもお幸せに・・・
17:11 お客様

端午の節句の帯

2018/05/03
菖蒲の節句
菖蒲は、匂いが強く、虫を寄せ付けないことから、呪力のある植物とされています。
菖蒲湯に入る習慣は、菖蒲や蓬の強い匂いで悪霊を寄せ付けないという意味で行われました。
平安時代、宮中では節目として、菖蒲や蓬を御殿に葺きまわした事が「枕草子」に書かれています。
江戸幕府以降五節句の一つとして武家社会に広がっていったのが端午の節句の起源ともいわれています。
菖蒲が、勝負や尚武に通じるということから、次第に男の子のお祭りとして定着します。
そんな謂れを物語るかのようなこの名古屋帯は、「菖蒲と蓬」を意匠化しています。
有職文様や花紋様の多い錦工芸のこの帯は、男の子やお孫さんが
いらっしゃるお母様やお婆様に着けてもらいたい帯です。
ご子息の健康と尚武を祈り、勝負に勝って進むことを願って・・・
16:53 本日の着物

伊勢型紙・伊勢型小紋

2018/04/08
店内には沢山の柄と色彦太郎の中は伊勢型小紋一色

草木から放つ深い色は着る人も美しく見せる
美しい色合いは、染師の技術と探求によるもの

伊勢型の袋帯・常盤染
伊勢型小紋の袋帯と再現によって染められた常盤染
12:19 イベント情報
 | ホーム | Next »