01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

2018/02/17
彦太郎着物で街歩き「春ほのぼのと遊ぶ」
    集合時間・場所: 3月3日(土)11:00 きもの彦太郎   参加費 3,000円

暦の上では立春も過ぎて、三月三日は節句で最も華やかなひな祭りです。
着物を着て彦太郎に飾るお雛様を愛でて、「艸庵」で昼食と抹茶をいただき、美術館で日本画
「和装の美」を楽しみます。 美人画家として名高い上村松園・鏑木清方・伊藤深水を中心に
様々な和装の女性を描いた作品や和装にまつわる工芸品なども展示されます。
春の一時、着物でほのぼの遊びに出ませんか。
15:41 イベント情報

着物でお出かけ「春ほのぼのと遊ぶ」

2018/02/17
3月3日ひな祭り

暦の上ではすでに春
着物で街を歩きながら、タワー美術館で「和装の美」を鑑賞にいきませんか?
お食事と、お抹茶も楽しみながら春の一日をご一緒しましょう。
二月末からは、彦太郎の店内に雛壇も飾ります。
お近くにおいでの際は、是非お寄りください。
11:48 イベント情報

「にほんきもの紀行」第一回 「京洛彩繍」の世界

2018/02/17
京洛彩繍 「宝尽くし」


着物の奥深さや、本物の魅力を皆様にお伝えしたく
二月は、「にほんきもの紀行」と題し
日本の技術や歴史を知って頂きながら
きものに触れる会と致します。
第一回目は  相良繍(さがらぬい)を極め、美しい着物や帯を作り続けて
二代にわたり京都で相良繍を60年続ける
「中村京山工房」です。
一般的な相良刺繍との違いは、格段精密な手作業によるもので
1㎝四方に100粒の精緻な結び目を整然と並び形作られる柄には
ため息が出て感動する美しさを感じます。
着物を、帯を纏う人が美しく・・・
そんな思いが、着物と帯に託されています。
代表的な宝尽くし文様には、優しさを感じます。
松の葉に祝の心を込めての附下

松の葉に生命力を託した附下。
生地は浜ちりめんにこだわり、
地色と刺繍糸の配色にこだわり続けるものづくりは
纏う人を美しく優雅に見せてくれます

薄物に花喰鳥の優雅な刺繍
松と鶴の刺繍柄の留袖

留袖と色留袖は、柄は控え目に見えても、優美さと品格を表現してくれます

夜桜を思わせる趣のある訪問着

春の桜が咲く頃に、日本の象徴を伝えたい時に着たい着物。
惜しくも、写真では伝えきれない刺繍と色の美しさは
是非、23日(金)から25日(日)の会期中にご覧下さい。
二代目中村京山が来場しての実演もご覧いただきながら
美しい技術の結晶をご覧下さい。
スタッフ一同、お待ちしております。


11:39 イベント情報

お年玉の市

2018/01/26


おはようございます
始まりました、恒例の「お年玉の市」です。
毎年このプレゼントで、着物を着ていただく方が増えているのが
嬉しい一月です。
お正月は、女性にとって何かと忙しく働くばかりです。
いくつになってもプレゼントンも、お年玉もうれしいものです。
ご自分の時間とおしゃれの時間を、今年の一年間も
彦太郎と一緒にお付き合いください!!
そんな、気持ちで皆様をお迎えしたいと思います。
当選番号をもう一度見ていただいて、
「当たりました”」のご連絡、ご来店をお待ちしています。

          きもの 彦太郎 スタッフ一同   

IMG_5086.jpg

初めてあつらえる、フォーマル訪問着から、こんなおしゃれ着の
訪問着まで・・・一等はいいものたくさんです  

IMG_5087.jpg

 色無地もなかなかいい色です・・・
顧問や紬も、この機会に一つ増えるとお出かけ先も増えるかも 


IMG_5092.jpg

三等の長襦袢も、こんなにおしゃれ


皆様の着物姿を描いて、、、お待ちしております   
09:49 イベント情報

新春スペシャルで着物を着ましょう

2018/01/21
彦太郎のお年玉!!!
お正月は女性にとっては忙しくお疲れの方も多いかと思います。
少しだけ、ほっと着物に触れる時間がほしい時期に・・・
恒例の、お年玉プレゼントです。
見逃していてはもったいない着物を、たくさんご用意しています。
ご家族に届いた年賀はがきでしたら全部対象です。

三年目になりますが、毎年当たる方もいらっしゃいます。
きもの彦太郎のお客様は着るためにお求めになるので
気に入った着物との出会いが一番!!
早めにご覧いただくのがよいかと思います。

お手元のA4はがきを今一度ご覧ください!!

今年も、素敵な着物姿がお一人でも増えますように・・・
そんな願いのこもった「お年玉の市」が26日から三日間
始まります。

13:42 イベント情報
 | ホーム | Next »