08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

男の着物 Ⅰ

2017/09/04


このところ、彦太郎には男性着物を求められるお客様も
増えてきました。

男の着物第一弾「長じゅばん編」

邦楽、仕舞、茶道、落語・・・
男性の和のご趣味をたしなむ方も増えているそうで
襟元をきりりとしながらも、着慣れた感じで
さらに汗をかくので洗いたい!
そんなニーズにこたえられる長襦袢をご紹介。
このような長襦袢タイプと、半襦袢タイプがある
ローズカラーメンズです
胴部分はさらしですので、肌触りよく汗もかきにくい

IMG_3620.jpg
裄丈もご覧の通りマジックテープで変えられ、袖口も気にせずうごけます。

IMG_3622.jpg

ローズカラーの抜群なところは
「衿」です
このお納戸色の衿はファスナーで交換できます!
色も豊富ですのでお出かけシーンに合わせて、針を使わず簡単装着
さらに程よい芯があるので、着崩れも防げ決まります
おすすめして、とても喜んでいただいています
普通の襦袢にはない腰部分の紐と日も遠しの穴が、しっかり着こなせる
ポイントに!

茶道や落語の方は長襦袢がおすすめ、
仕舞など馬乗袴の方には、半襦袢にステテコがおすすめです!
もちろん、すべて洗濯機で洗えます   
15:30 本日の着物

黒留袖でお嬢様の結婚式

2017/09/04


ご長男の結婚式から数年。
ご長女様の結婚式に着ようと出した黒留袖が・・・
表地の縮緬が縮み比翼が出てしまい、家紋が泣いてしまって・・・
困ったことになっていました。
そんなご相談をいただき、彦太郎が頼りにしている悉皆専門に
送って、良き日に間に合うようにお手配いたしました。
五つ紋の家紋洗い修正と
背縫いの一部をを解いて修正するため背縫いをしても
10000円できれいになります。
現代はレンタルが簡単でも、ご自分の家紋が入った黒留袖を
あと一回だけ着たいというご希望にこたえられそうです 
私たちも、あきらめずに専門家に問い合わせてみて初めて
お伝えできることも多い着物の再生力!!

お客様の大切な日にお役に立てて、これからも着物を
通してお付き合いできますことを願って。

15:12 お客様

七歳のお祝いから十三参りまで

2017/09/03
七歳のお祝いに・・そして十三参りまで

この子の七つのお祝いに・・・

今年七歳の御参りで着る着物が仕立上りました。
日本舞踊で舞台でも踊り、着物が大好きなRちゃんが
少し背が伸びても着られるように・・・
四つ身ではなく、本裁ち(大人の寸法に仕立てることが
出来る裁ち方)で仕立あげました。
折り紙の柄の小紋は数年後に
、十三参りで仕立直す予定です。

ご家族とご一緒にRちゃんの成長を楽しみにしています 
18:31 本日の着物

七五三のお祝い着とお母様の着物

2017/09/03


秋の風が吹き始めたせいでしょうか?

11月の七五三のご準備をされるお客様が多くなってきました。
親御さんから受け継いだお祝い着の丸洗いや、
お祝い着や小物の新調などのご相談を承っています。
分からないことが多い着物の事やしきたりをお話して差し上げると、
「安心して当日を迎えられる」と、おっしゃって下さいます。

お母様も、この機会に訪問着をそろえてくださる方も多くなり
お若い世代の方々にお子さんの成長を願う心が感じられます。
家族のお祝いの日に、長く着られる着物選びをさせていただいています。
先日も、ご主人とゆっくりと選んで頂き喜んで下さいました  
17:58 本日の着物

2017/01/09
ねこ

おしゃれな着物姿大好きな、お客様。

猫も好き。

今日は気楽な「WAKKA」の帯に、トンボ玉作家 小野遼先生の

「ねこ」  の愛らしい後ろ姿の帯留め。

お正月から着物を、楽しんでいます 
11:54 お客様
 | ホーム | Next »