FC2ブログ
08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

浴衣の季節です

2018/06/25
有松鳴海絞り、雪花絞り

梅雨もそろそろ終わりに近づいて
夏の日差しに映える浴衣を!
彦太郎では、この夏に涼やかに本物を!と
早くも、きぬたや・竹田正九郎有松鳴海絞りの浴衣、雪花絞りの浴衣を男性も、雪花絞りで涼やかに

お誂えいただきやすい価格で揃えています
巾出し、水通し、浴衣仕立代を入れて 84000円 (税込)
本物を長く大切に着ていただきたいから、お仕立てもこだわりの
お誂え浴衣から、ブランド浴衣など色柄を沢山揃えています。お好みに合わせたコーディネイトを
大胆な色で大人気分

又、撫松庵のプレタ浴衣お買上の方には、浴衣下着又は、桐下駄を
プレゼント致します。
しじら織、片貝木綿の半巾帯

とんぼ玉の帯留も、塗下駄や桐下駄、籠バッグなどの小物も
楽しくお選びください。

皆様のご来店をお待ちしております。
17:34 本日の着物

端午の節句の帯

2018/05/03
菖蒲の節句
菖蒲は、匂いが強く、虫を寄せ付けないことから、呪力のある植物とされています。
菖蒲湯に入る習慣は、菖蒲や蓬の強い匂いで悪霊を寄せ付けないという意味で行われました。
平安時代、宮中では節目として、菖蒲や蓬を御殿に葺きまわした事が「枕草子」に書かれています。
江戸幕府以降五節句の一つとして武家社会に広がっていったのが端午の節句の起源ともいわれています。
菖蒲が、勝負や尚武に通じるということから、次第に男の子のお祭りとして定着します。
そんな謂れを物語るかのようなこの名古屋帯は、「菖蒲と蓬」を意匠化しています。
有職文様や花紋様の多い錦工芸のこの帯は、男の子やお孫さんが
いらっしゃるお母様やお婆様に着けてもらいたい帯です。
ご子息の健康と尚武を祈り、勝負に勝って進むことを願って・・・
16:53 本日の着物

女の子の晴れ着

2018/03/10
二十歳の晴れ着

桃の節句でお雛様を飾るのは、親から娘へ
たいせつなことを伝え、物を大切に扱うことを
教える事でもあるそうです。
女の子の晴れ着も、親から子へ綺麗に始末して
大切に保管して受け継がれるものです。
20日まで、雛飾りと晴れ着を店内でご覧ください 

小物合わせが着る人の個性になる
小物の合わせ方で、着姿が変わります。
お母様の着物を、お嬢様がお召しになる・・・
小物合わせや、寸法のご相談もしております。

優美な古典柄
次の代も着られるように、という思いの振袖から
華やかな個性的な振袖まで、ゆっくりとご相談しながら
お選び頂けます 

可愛い三歳も、親の想いを込めて
初めての晴れ着も、着物になれていないお若い親御さんには
どんなものがいいのか、よくご相談を受けます。
七五三の日の一回だけではなく、お正月やひな祭りに着ていただけるよう
メンテナンスの事までお話したいと思います 
16:18 振袖・七五三の着物

彦太郎から、振袖への願い

2018/01/18
お振袖・・・願いを込めて

年明けに起きた、信じられない事件は本当に悲しい物でした。
多くは語らずとも、一人の成人としての晴れの日を飾る晴れ着は
ご本人、ご家族にとって一生の思い出になります。
先日ご家族6人が一緒にいらして来年の成人式を迎えるための
お振袖をご覧いただきました。
皆さんで、ほほえましくお嬢様を見守りながら
振袖から小物、着付けまで一人の為に時間と誠意を込めて
ゆっくりと揃えていただけるのが理想ですね。

振袖のご用意も、急ぐことなくとはいえ19歳の厄落としを意識して
一年前か二年前に余裕を持ってご相談頂けるのが良いかと思います。
成人を迎えた喜びをご家族で・・・
そんな時間をともに出来ることが、私たちの仕事の大きな喜びです。

こんな事件が二度と起きませんように。
彦太郎スタッフの願いです。
16:58 振袖・七五三の着物

組紐の花緒できりりとお洒落を

2017/09/26
男の着物は本物で

男物の本畳雪駄です。
裏は革張りできれいに仕上げてあります。
かかとに撃ち込まれた、馬蹄型の金具は歩き時に
行きな音が出ます。
小物までもこだわるのが男性の着物かもしれません。
サイズや、お好みに合わせてオリジナルを挿げて
お楽しみ下さい。
17:18 本日の着物
 | ホーム | Next »