06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

十日町「桐屋」さんへ工房見学

2018/05/13
桐屋さんへ
着物で十日町バスツアーです。
皆さん旅慣れた感じですが、朝が早くて心配な方は帯はバスの中で
直して差し上げて・・・
着物の事は心配せずに今年も十日町を知るツアーです!!!

型染めに使う型

下絵の通りに現代の技術でアクリル板の型です。
何枚もの型で、一つの柄になる友禅の世界。
今回は、辻が花でおなじみの翆山工房「桐屋」さんの社長さん自ら
説明をしてくださいました。
「桐屋」さんは昔は麻を織る工房だったそうです。

数回の糊伏せで色彩豊かな着物に

こんな風に、何度も確実に糊を置き仕上げていきます。

型染めの糊置き

50年近くこのお仕事をしている職人さんは、穏やかな方で
お仕事中にも私たちの質問に答えて下さいました。
手を止めて頂くもの悪いくらいに、時間がかかる作業です。

引き染の感覚は長年の感覚

更に、地染の牽きぞめをする場所でお会いしたのは、熟練した技術の
職人さんです。とても丁寧に色のお話をされるのは、お若い時と変わらぬ
熱意があるからこそでしょう。
半世紀以上の年月を、このお仕事に・・・

次の作業まで
伸子張りで天井に、次の作業まで吊るされます。


辻が花の特徴
糊を洗い流した後に行われる、辻が花の特徴でもある手挿しによる
色付けです。
お話しながらも、太い筆から細い筆へ染料を取っては柄に色を挿し
立体感と遠近感を付けていきます。
色を挿すそのもの。   挿す・・・差し込むという意味
生地の裏までに染料が入ることで、着物で着た時に色の変化や
動きが出るそうです。
手間暇をかけて、着姿が美しくなる着物を仕上げていきます。

絞りの加工

染色が終わると、最後に絞りの作業です。
一つまみごとに目にも止まらぬ速さで巻き上げ、糸を結ぶ作業は
感動しました。
一反の絞りを全て手作業で行います。

華やかな辻が花の振袖に

とてもきれいな色合いの振袖が完成するまでにこんなにも工程がある
辻が花。綺麗だけではない美しさは、沢山の方々の感性と思いから
作り上げられることを感じた工房探訪でした。

この後は、「松喜屋」さんでのお食事と、十日町の産地へ特別招待会への参加で
沢山の着物をご覧いただき、出会いもありました。
毎年行われるこの会に、彦太郎は来年もいきますので、ご一緒に!!
最後は、越後湯沢の「ぽんしゅ館」でお土産を沢山買ってかえりました
17:48 作家さん・メーカーさんのご紹介

秋の幻想的な世界へ

2016/11/18
只今、ひょうたんランプ展示中です

IMG_7355.jpg

夕方の彦太郎は普段と違う、ちょっとムードのある空間。
ひょうたんランプの光でワインと共に・・・

IMG_7344.jpg
 温かい気持ちにさせてくれるランプです。
幻想的な世界へいらっしゃい・・・




ひの太郎
12:35 作家さん・メーカーさんのご紹介

和工房 「包結」 

2016/10/08
お祝い1
贈る相手の笑顔を誘うようなモノづくりをしたいという思いを抱え、2007年から
京都西陣を拠点にして活動を続けている森田江里子さんとは初めてであったのは
なんと彦太郎
森田さんが、SNSを通じて同年代の方々と高崎で集まったときに
彦太郎へ寄ってくださり名刺をいただきました。
それから二年後に、京都のものづくり市で作品を見て「アッ!」
森田さんとの再会から彦太郎で「包結」を扱わせて頂きました。
森田さんとはその後、プライベートで行った京都で食事をしましたが
初めて会った時と変わらず、穏やかにまっすぐ芯が通った方です。
水引の結びめには力が宿るというそうです。
彼女の作る水引は無駄なくシンプルでありながら、
無限の可能性を感じます。

森田さんが作る水引の作品は
彦太郎から、発信し続けたい日本の美しさです。
14:18 作家さん・メーカーさんのご紹介

彦太郎の悉皆は専門家の知識と経験から

2016/09/20
雲に隠れながらもつかの間の十五夜を愛で、それからは台風の心配ばかり
各地の被害が大きくならないことを祈っています。


秋の準備・お手入れの会

秋の花と言ったら「菊」
きものや帯の柄として、季節だけではなく日本の象徴の花です。
気候の良い秋には、着物でお出かけしたくなる方が増えそうですね。

22日(金)には、半衿付け教室を行います。
簡単につけて、簡単に外せる半衿付けです。
少々ぶきっちょさんでもコツを覚えれば、かなりきれいにつけられます
ので、ご参加募っております。

そして、24・25日の週末は、専門家「小口氏」に来場いただいて
皆様の着物のご相談を承ります。
通常の、彦太郎のお手入れや仕立て直しなどは青森の小町屋さんに
頼んでいます。
小町屋さんは、クリーニング専門店のさらに着物専門の部門があり
そこの一番の相談役が小口氏。
全国の着物屋さんで、お客様の様々なご相談を受けて経験豊富な
アドバイスをしてくださいます。
古くても大切な思い出のある着物は痛みや、シミがついていることが
あります。
どうしても落としきれない時間の経ったシミは、その上に刺繍や柄を
足すなど、他とのバランスを考えて再生してくれます。
先日見せていただいた着物は、解き洗いせずに赤い色だけを抜いたり、
若い時の派手になったピンクの花柄を紫や、鼠色に変えたり・・・

小町屋さんのすごい所は、最新の技術によって絹に負担をかけずに
処理できることです。
仕上りもきれいな手仕上げで、着物の事をよくわかっているフタッフさん
としっかり連絡を取り合いながら、お客様のご要望に添うお手入れや
お直しが出来ます。

通常はお預かりしてからのお見積もりですが、この二日間は小口氏が
彦太郎にいますので、その場でアドバイスお見積もりが出来ます。
一部ですが、彦太郎の丸洗いのお値段を・・・
VIPカードの登録でさらに 30%off でお手頃になります。

                 
丸洗い加工一覧表 ( 税抜価格表示です)
定価  VIPカード特典 (30%OFF)
留袖 ¥6,000  ¥4,200
振袖
訪問着
附下げ
色無地
喪服
小紋
羽織・コート ¥4,000     ¥2,800
袋帯
八寸・九寸帯 ダイヤガード加工表
長襦袢 ¥3,000  ¥2,100    着尺 ¥10,800 ¥8,640
振袖長襦袢 訪問着・附下げ
ゆかた ¥2,000  ¥1,400     留袖     ¥11,880 ¥9,504
半巾帯                 振袖


着物のお手入れって着る回数によって、また着物の種類によっては
お手入れ方法が異なります。
ガード加工も有効に使っていただけたら、頻繁に着る方には低価格で
お手入れを続けながら気持ちよく着物が楽しめます。
更に、袖丈、裄直しや 仕立て替えもかなりお安い価格です。
もちろん、他店で求めた反物の仕立ても承ります。

是非、「悉皆」は彦太郎にお任せください。
よろず何でも、が「悉皆」ですから  (^-^)/

毎日の着物着用経験と、長年の着物メンテナンス、そして心強い
小町屋さんのアドバイスが皆様のお役に立てると思います。

皆様のお越しを、お待ちしております。

                   彦太郎 スタッフ一同




18:54 作家さん・メーカーさんのご紹介

とんぼ玉作家 小野遼

2016/04/08

小野遼さんのとんぼ玉です。
彦太郎創業から、お世話になっている作家さんで、若かりし時の
先生から 今は東京でお教室「楽卯」を主宰。


とんぼ玉に魅せられて~小野遼先生作


彦太郎では珍しく、帯留ではなく とんぼ玉 そのままの作りです。
とんぼ玉の世界に魅了された お客様からのご注文の品が仕上がりました。

少しピントが合わないのですが、あまりにもきれいなので 皆様にも
見ていただきたい・・



麻の葉模様に海老
16:31 作家さん・メーカーさんのご紹介
 | ホーム | Next »