04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

端午の節句の帯

2018/05/03
菖蒲の節句
菖蒲は、匂いが強く、虫を寄せ付けないことから、呪力のある植物とされています。
菖蒲湯に入る習慣は、菖蒲や蓬の強い匂いで悪霊を寄せ付けないという意味で行われました。
平安時代、宮中では節目として、菖蒲や蓬を御殿に葺きまわした事が「枕草子」に書かれています。
江戸幕府以降五節句の一つとして武家社会に広がっていったのが端午の節句の起源ともいわれています。
菖蒲が、勝負や尚武に通じるということから、次第に男の子のお祭りとして定着します。
そんな謂れを物語るかのようなこの名古屋帯は、「菖蒲と蓬」を意匠化しています。
有職文様や花紋様の多い錦工芸のこの帯は、男の子やお孫さんが
いらっしゃるお母様やお婆様に着けてもらいたい帯です。
ご子息の健康と尚武を祈り、勝負に勝って進むことを願って・・・
16:53 本日の着物